恩納村 ファンダイビング コース詳細

5月~9月の夏季限定でナイトダイビングも実施しています!夜の海はまた違った楽しみがありますよ~。是非、ご参加ください!
※基本はボートダイビングになりますが、ボートが出港できない場合はビーチダイビングとなります。




WEB予約はこちらから

ファンダイビングのガイドスタイル


ボート ファンダイビングのスケジュール


1.お店へ集合

スカイリーフダイバーズがあるのは沖縄本島の真ん中あたり。
那覇から高速で1時間位の恩納村にあります。お店から船の出る前兼久漁港まで約1分。駐車場、温水シャワー、更衣室、ロッカー、ドライヤー完備。
申込用紙を記入し、ウェットスーツに着替えます。着替えが済んだらお店の車で港へ出発です。
お店の場所の詳細はこちらをクリック!

2.ボートでダイブポイントへ

完全貸切制で専属のガイドが付くので安心です。
出港時間は港によって違います。前兼久漁港は朝8:30出港、恩納漁港は9:00出港となります。潜る港によって集合時間も変わってきます。どちらも基本的には1ダイブごとに港に帰ってきますが、海況等場合によっては帰港せずに2ダイブすることもあります。港とポイントが近いので、船酔いもしやすい人も安心ですよ。
ボートダイブのお勧めポイントはこちら>>

3.ダイビングを楽しみましょう!

潜水時間は各45分程度。その時の潮の流れやお客様のスキルなどでコースを変えます。少人数制で他の人に合わせるのではなく、自分のペースで泳いだり写真を撮ったりしていただくことが出来ます。3ダイブの場合は、2ダイブ後に昼食となります。お弁当をご用意下さい。
無料でデジタルカメラもお貸ししています。沖縄の綺麗なサンゴや魚をお好きなだけ撮影してくださいね。撮影後はCD-Rにして無料プレゼントいたします!

4.沖縄の海を満喫したら、ボートで港まで戻ります

沖縄の海を満喫したら、ボートで港まで戻ります。
重い器材を運ばなくていいので、思いっきりダイビングが楽しめますね。

5.シャワー&ログ付け

ダイビング終了後はお店に戻ります。シャワーを浴びてからログ付け、精算となります。ご自分の器材をお持ちの方は、器材も洗いましょう。
ナイトダイビング(5月~9月の夏季限定)
  • ナイトダイビング
    ナイトダイビング
  • 日没後辺りが暗くなり、しばらくしてからのダイビング。ボートからエントリーします。水中から見上げると月の光が差込み、手を動かしたりするだけで夜光虫がキラキラと輝きます。昼間元気に動き回っていた魚がサンゴの陰で休んでいたり、普段観察しづらいエビやカニも沢山見ることができます。思いがけず珍しい生物に出会えることもありますよ!昼間とは違った神秘的な海を感じてください。
    参加条件:3名様以上
    ※安全上、中性浮力がとれる方のみのご参加となります。

コース料金・概要 (ボート ファンダイビング)


コース名 ボート ファンダイビング
料金(税込) ※表示価格はお一人様あたりの価格です。
1名様あたり
2ダイブ 15,000円
3ダイブ 18,000円

ナイトダイブ(3名様より遂行)
9,000円
レンタル フルレンタル 3,500円
持ち物 Cカード
ログブック
タオル
水着(着用してきてください)
 ※水着替わりにTシャツや短パンでもOK!
参加条件 ライセンス保持者(体験ダイビングではありません)
備考
  • 店舗集合・解散になります。送迎は行っておりません。お店の場所はこちら
  • 海況不良でボートが出港できない場合はシュノーケリング場所の変更や中止の場合もございます。
  • ご精算は現金のみとなります。カードのお取り扱いはできません。
  • お帰りの日(飛行搭乗前)にダイビングをすることはできません。
  • 生態保護、環境保護のため餌付けは実施しておりません。

(魚が病気になったり、自分で餌を獲らなくなる可能性があります。)



WEB予約はこちらから



沖縄本島のボートポイント

恩納村の前兼久漁港、恩納漁港から出港します。船での移動時間は片道10分程度です。器材を着けて歩いたり、長い時間船に乗るのは苦手…いう方にもオススメです。恩納村は地形が有名ですが、ボートじゃないと行けないポイントも多いです。主にファンダイビングの方が対象となり、体験ダイビングではご案内出来ないポイントもあります。掲載以外のポイントもあります。

クロスライン

恩納村NO1のマクロポイント。砂地では浅い水深でヤシャハゼ・ヒレナガネジリンボウがたくさん見られます。レアな生物との遭遇率も高いポイント。マクロ派ダイバーがじっくり写真を撮るのに最適!浅瀬のサンゴも見事です。

クロスライン クロスライン クロスライン
なかゆくい

「なかゆくい」とは沖縄の方言で「ひとやすみ」という意味。その名の通り、白い砂地とサンゴの癒し系ポイントです。夏場は深場でレアな生物に出会えます。トビエイの群れやウミテング、ヤッコエイや海亀など嬉しい出会いもありますよ。ブランクダイバーから上級者まで楽しめるポイントです。

なかゆくい なかゆくい なかゆくい
ミニドリームホール

初級者の方でも行ける地形ポイント。ゆっくり縦穴を下りて行き水底から上を見上げると、差し込んだ光がとてもキレイです。深場ではアケボノハゼ、スジクロユリハゼ、ピンクダートゴビーなど珍しいハゼも。浅場ではフリソデエビやキンチャクガニなどの甲殻類をゆっくり探して楽しめるポイント。マダラトビエイやカメに遭遇することも多いですよ。

ミニドリームホール ミニドリームホール ミニドリームホール
万座ドリームホール

沖縄を代表する人気№1の地形ポイント。縦穴を下りて行くと大きなホールがあり、上を見上げると光のシャワー!横穴を進んで行くと青い出口があり、たくさんのハタンポが群れています。ハタンポのカーテンを抜けていくのは最高に気持ちいい!恩納村で潜るならぜひ一度は潜っていただきたいポイントです。

万座ドリームホール 万座ドリームホール 万座ドリームホール
万座ドリームホール

上級者限定の地形ポイント。砂地にはガーデンイールやニシキアナゴがたくさん!ホールの中ではたくさんの甲殻類や、レアなシマクダリボウズギスモドキなどが見られます。砂が撒きあがりやすいので、フィンキックに注意しましょう。

万座ドリームホール 万座ドリームホール 万座ドリームホール
オーバーヘッドロック

オーバーハングした岩がポイント名の由来になっています。沖縄では珍しいマツカサウオの幼魚やビシャモンエビもしばしば目撃されます。地形・生物ともに潜っていて楽しいポイント。なんとマンタの目撃例もあります。

オーバーヘッドロック オーバーヘッドロック オーバーヘッドロック
コーラル

ドロップオフを降りて行くと真っ白な砂地が広がっています。砂地ではガーデンイールやニシキアナゴがたくさん見られます。ピグミーシーホース、ムレハタタテダイの群れ、ギンガメアジの群れが見られることも!港から5分かからずに到着することができるので船酔い知らずですよ。

コーラル コーラル コーラル
万座毛

有名な観光地「万座毛」の真下にあるポイント。陸上で見るようなダイナミックな地形が水中にも広がっています。エントリーしてしばらく泳ぐと、三つの大きな根が現れます。それぞれの根にたくさんの魚が生息していて、魚影の濃いポイントです。エビ穴の中ではたくさんのカノコイセエビを見ることができます。

万座毛 万座毛 万座毛
トライアングルホール

満潮で海が穏やかな時限定のスペシャルポイント。万座毛の中に入り込むように潜っていくと、中には鍾乳石が見られます。大きなエアドームもあり、水中から水面へ顔を出すことができます。青い光のシャワーもキレイですよ。

トライアングルホール トライアングルホール トライアングルホール
ホーシュー

満潮で海が穏やかな時限定のスペシャルポイント。万座毛の中に入り込むように潜っていくと、中には鍾乳石が見られます。大きなエアドームもあり、水中から水面へ顔を出すことができます。青い光のシャワーもキレイですよ。

ホーシュー ホーシュー ホーシュー
アポガマ

ホーシューから少し南のポイント。リーフに穴があいていて、その穴からドロップオフへ抜けていく地形です。穴の中から見上げると光のシャワー!ドロップオフなのでカメや回遊魚が回ってくることもあります。

アポガマ アポガマ アポガマ
恩納ポイント

沖まで伸びたクレパスが見事!天気のいい日は白い砂地に光が降り注ぎ、とてもキレイ。穴をくぐったり、地形好きの方にピッタリのポイントです。

恩納ポイント 恩納ポイント 恩納ポイント
谷茶ポイント

北風で真栄田岬に行けないときなどに行くポイント。水深が浅めなので、体験ダイビングなどでもよく使われます。ここのカクレクマノミは撮りやすさNO1!カマスの群れやコブシメ、ニシキフウライウオなどがよく見られます。

谷茶ポイント 谷茶ポイント 谷茶ポイント
山田ポイント

港から5分で着くポイント。日本で見られるクマノミ6種類が1ダイブで全て見られます。ウデフリツノザヤウミウシ(ピカチュウウミウシ)が見られることもあります。とても珍しいイッポンテグリの幼魚が見られたのもこのポイント。レア生物との遭遇率が高いポイントです。

山田ポイント 山田ポイント 山田ポイント
真栄田岬 青の洞窟

沖縄本島一有名なポイント。洞窟の中に差し込む光がとてもキレイ!人が少ない時は水面に浮上して、水面の青い光を楽しむこともできます。夏場はハタンポの群れが見事!冬場は人が少ないのでゆっくり見られることが多いです。

真栄田岬 青の洞窟 真栄田岬 青の洞窟 真栄田岬 青の洞窟
真栄田岬 ツバメの根

マクロ生物が豊富なポイント。深場ではヤシャハゼやヒレナガネジリンボウ、ホタテツノハゼなどが見られます。 ゴルゴニアンピグミー、ホムラハゼなどのレア生物からナポレオンやマダラエイなど大物に遭遇することも。何度潜っても楽しいポイントです。

真栄田岬 ツバメの根 真栄田岬 ツバメの根 真栄田岬 ツバメの根

ビーチ ファンダイビングのスケジュール


基本的にボートダイビングとなりますが、ボートが出港できない時はビーチダイビングとなります。
※リクエストのビーチダイビングは承っておりません
主に使用するのは恩納村近辺、砂辺、北部の ゴリラチョップなどです。潜水時間は個人によって違いますが、じっくり潜れるよう長めに取っています。 
※沖縄本島のビーチポイントは階段があったり、岩場を歩いたりと足場の悪いポイントもあります。

1.お店へ集合

スカイリーフダイバーズがあるのは沖縄本島の真ん中あたり。
那覇から高速で1時間位の恩納村にあります。お店から船の出る前兼久漁港まで約1分。駐車場、温水シャワー、更衣室、ロッカー、ドライヤー完備。
申込用紙を記入し、ウェットスーツに着替えます。着替えが済んだらお店の車で港へ出発です。
お店の場所の詳細はこちらをクリック!

2.ダイビングを楽しみます!終了後はログ付けです

1ダイブ後休憩を挟んでもう1ダイブ。3ダイブの時は合間に昼食を挟みます。ダイビング終了後はお店に戻ってログ付けです。
※海況によってはポイントがお店から遠くなるので、現地集合・解散となることもあります。
ビーチダイブのお勧めポイントはこちら>>

コース料金・概要 (ビーチ ファンダイビング)


コース名 ビーチ ファンダイビング
料金(税込) 1名様あたり
2ダイブ 12,000円
レンタル フルレンタル 3,500円
持ち物 Cカード
ログブック
タオル
水着(着用してきてください)
 ※水着替わりにTシャツや短パンでもOK!
参加条件 ライセンス保持者(体験ダイビングではありません)
備考
  • 店舗集合・解散になります。送迎は行っておりません。お店の場所はこちら
  • 海況不良でボートが出港できない場合はシュノーケリング場所の変更や中止の場合もございます。
  • ご精算は現金のみとなります。カードのお取り扱いはできません。
  • お帰りの日(飛行搭乗前)にダイビングをすることはできません。
  • 生態保護、環境保護のため餌付けは実施しておりません。

(魚が病気になったり、自分で餌を獲らなくなる可能性があります。)


沖縄本島のビーチポイント


ボート欠航時はビーチダイビングとなります。沖縄本島には南から北までたくさんのダイブポイントがあります。ポイント選択は海況が第一優先となります。 
※ファンダイビングの方が対象となるポイントです。

砂辺(NO1、カルフォルニアサイド)

一面に広がるソフトコーラルはまるでお花畑のよう!魚の数も多く、初心者からベテランまで楽しめます。浅場ではキンチャクガニやモンツキカエルウオなどが見られることがあります。体験ダイビングや講習などで使用することもあるポイントです。

砂辺(NO1、カルフォルニアサイド) 砂辺(NO1、カルフォルニアサイド) 砂辺(NO1、カルフォルニアサイド)
残波岬

エントリーは少々大変ですが、海の中には豪快な地形が広がっています。浅めの水深でピグミーシーホースが見られたり、フリソデエビが見られることも!穴の中にはネムリブカがいたり、ナポレオンやカメなど大物に出会うことも多いです。地形・生物共に満足度の高いポイント。

残波岬 残波岬 残波岬
真栄田岬

沖縄本島で一番有名なビーチポイント。海の中では海の中ではツバメウオやグルクマの群れ、ホタテツノハゼ、ヤシャハゼ、ヒレナガネジリンボウなどが見られます。珍しい生物が見られることも多いポイントです。少し泳いでいくと青の洞窟もあり、差し込む光がとてもキレイです。

真栄田岬 真栄田岬 真栄田岬
ホーシュー

浅いリーフを少し泳ぐと-40mのドロップオフ。アカマツカサに囲まれた出口を抜けたりダイナミックで面白い地形ポイントです。リーフの上はサンゴが育ってきてとてもキレイです。生物も豊富ですが、ビーチエントリーはちょっと大変。海のコンディションが良い時のみ限定のポイントです。

ホーシュー ホーシュー ホーシュー
崎本部 ゴリラチョップ

北風の吹く冬場に使うポイントで、白い砂地に根が点在し、その根に小さな魚が集まる癒し系のポイントです。冬場にはコブシメの産卵やニシキフウライウオなどが見られることがあります。恩納村近辺で潜れないときに、体験ダイビングで使用することが多いです。

崎本部 ゴリラチョップ 崎本部 ゴリラチョップ 崎本部 ゴリラチョップ
レッドビーチ

沖縄本島の東側にあり西海岸の海とは違った生態系を持っています。砂泥地のため透明度があまり良くない時もありますが、水深も浅く西側では見られない生物も数多く観察できます。泥ハゼやウミウシも豊富で、ミミックオクトパスも観察できることがあります。

レッドビーチ レッドビーチ レッドビーチ
シークレット1

沖縄本島では珍しくハナヒゲウツボの成魚が見られるポイントです。運が良ければ黄色いメスが見られることも!浅い水深でヤシャハゼ、ヒレナガネジリンボウ、アカメハゼなども見られます。生物が豊富で、潜っていてとても楽しいポイントです。

シークレット2

ピンクの水玉が美しいオイランハゼが多数見られるポイントです珍しいオイランハゼもこのポイントではとても簡単に見ることができます。マクロ好きの方が楽しめるポイントです。特殊環境なので、フィンキックには注意しましょう。

このページをシェアする
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Digg thisShare on RedditShare on LinkedInPin on PinterestShare on StumbleUponEmail this to someone